iwai  京都井和井 通販サイト

無料ギフト包装


受注確認メールが届かない場合はこちらをご覧下さい

<繭(まゆ)からできる絹や正絹について>


京都の奥嵯峨にある旅籠はたごを改装した侘びた風情のお店"あだしの井和井"(写真左)。
こちらでは竹製品や丹波陶磁器を数多く取り揃えていますが、目の前には"あだしのまゆ村"という可愛いモビールがたくさん売っている場所(写真右)があります。
 
まゆ村
まゆ村のまゆ人形


ここで売られているお人形さん達はすべてまゆで作られています。店内に入ると干支物や京都のお土産にぴったりな可愛いまゆ人形がたくさんあります。

今回は、このまゆからできるきぬ(シルク)のご紹介をさせていただきます。


〜目次〜
  1. 繭とは?
  2. 一本の糸に
  3. 絹とは?
  4. 正絹しょうけんとは?
  5. 絹製品の特徴
  6. きぬ製品のお手入れ
  7. 井和井の絹製品ラインナップ



1.まゆとは?

繭(生糸)



かいこが吐き出す糸で作られた白い殻みたいなものをまゆと言います。

まゆは主にフィブロインとセリシンの2つのタンパク質から構成されており、セリシンがフィブロインを覆うことでまゆを強化・保護しています。
 
セリシンは保水・保湿効果など有用な機能を持つタンパク質で化粧品原料にも使われています。

2.一本の糸に


このまゆを熱湯または弱アルカリ液で煮ることによってタンパク質を溶かし、糸をほぐしやすくします。ほぐれた糸口を何本かよりながらまとめていき、1本の糸にすることで生糸きいとができます。
繭を煮出しているところ
※写真はイメージです。

精練した糸は、きぬ糸もしくは練糸ねりいとと呼ばれます。

3.きぬとは?

まゆを精練した天然繊維のことをきぬと言います。(シルクとも言う。)
シルクの生地

4.正絹しょうけんとは?

生糸きいとを使用して編まれた絹織物のことを正絹しょうけんといいます。100%の絹糸を指す場合もあります。
正絹3種類

5.きぬ製品の特徴

絹は繊維の女王とも言われ、しなやかで肌触り良く、優雅な光沢・吸湿放散性・紫外線吸収放射性・生体順応性・保温性・保湿性・吸音性・吸気性・難燃生に優れています。

繊細な繊維なので引き裂きが起こりやすく、強い紫外線に長時間あてられると黄変することがありますが、シルク製品を身につけた場合、お肌の大敵といわれるUV-B波(UVB)、UV-C波(UVC)が吸収されて紫外線をカットします。シルクの紫外線カット率は90%前後と、極めて高い数値が報告されております。
 

6.きぬ製品のお手入れ

お手入れされる場合は、基本クリーニングにお出しすることを推奨しています。
自宅でお手入れする場合は、ぬるま湯とおしゃれ着洗剤で手早く優しく押し洗いしてください。
タオルドライ後、当布をし裏面からアイロン(中温まで)をあてるとシワも取れやすくなります。
 

7.井和井の絹製品ラインナップ

なめらかな絹ならではの優しさと温もりを感じていただけるスカーフや、
優雅な光沢を纏った生地で作られた鞄や財布など井和井ならではの和雑貨がございます。

HANA宴 シルクスカーフ・シルクミニスカーフ

HANA宴シルクスカーフ


絹ひといろ

絹ひといろ


正絹KOMON

正絹KOMON




<その他の絹製品はこちら>

>>正絹 組紐玉かんざし

>>アンティーク井和井 アンティーク着物や装飾品にも絹で作られた商品がございます。